アクセルペダルネオ





NEOPLOT(ネオプロト)では、クルマを運転するうえで重要な操作系パーツの最適化に取り組んでいます。そのうちのひとつがアクセルペダルNEOです。

どんなにハイパフォーマンスなクルマであっても、エコカーであっても、それを操るのはドライバーである人間です。
ペダル操作をする足には、指があり、母指球があります。繊細な操作は指先の力加減で、力いっぱい踏むときには母指球で、と無意識ではありますが状況に合わせてコントロールしているものです。その人間の動作や感覚にあうアクセルペダルがあれば、ドライバーの意思をより的確に伝達することも、クルマが伝えてくる情報をより的確に把握することも可能になるのです。
求められる機能を追求するとともに人間の感覚にあう、より自然で気持ちの良い操作フィーリングが得られるアクセルペダルを、ぜひ愛車でお楽しみください。

■ペダル形状と角度の最適化

アクセル操作において、ペダルとシューズの接触面の動きをみていくと、アクセルを軽く踏んだ状態では、シューズとの接触面がペダルの中心から最下端付近にあり、アクセルを全開に踏むと、その動きに合わせて接触面が上部に移動していきます。この動きに合うようにアクセルペダルの角度とシューズ接触面であるペダル表面の形状(円弧)を最適化しています。
またMT車のドライバーがスポーツ走行時に行うヒール&トゥ操作をしやすくするため、ブレーキ側最下端部の形状にも工夫があります。

■贅沢な作り込み

アクセルを踏み込んだ時の剛性感、ブレーキとアクセルを交互に操作する際の操作性、それらをより自然なかたちで行えるペダル。それを実現するために選んだのが、アルミを削り出して製造する贅沢なつくり込みです。
シューズが直接触れるペダルの表面処理はもとより、ペダルシャフトと連結する裏面の作り込みまで、その全てにこだわりがあります。

■安全性を考慮

アクセルペダルNEOは、ペダルそのものを交換するタイプとカバータイプの2種類ありますが、いずれも確実な固定を行える取付方法とし安全性を確保しております。
アクセルペダルNEOは、純正フロアマットへの干渉や引っ掛かりがない寸法で設計しております。

※純正フロアマット以外をご使用の場合には、この限りではありません。
※適合車種以外に装着された場合には、この限りではありません。
※より安全にご使用いただくために注意事項を必ずお読みください。

■注意事項

・純正フロアマットは必ず固定して使用し、固定フックが外れていないことやマットがずれていないことを十分に確認してください。

・市販フロアマットを使用する場合は、車両の形状にあったものを選択し、ペダルに干渉しないことを十分に確認して使用してください。

・万が一、アクセルペダルが引っ掛かり戻らなくなったときには、ブレーキを十分に強く踏んで停止させてください。停止できない場合には、シフトレンジをニュートラルにしてブレーキペダルを踏んでください。




運転席に座り最初に行うことは、ドライバーにとって最適なドライビングポジションをつくること。それができればクルマの運転は、より安全で楽しいものになります。

ドライビングポジションを決める主な要素は、シート、ステアリング、シフトノブ、ペダルです。この中で最も調整しにくいのがペダルかもしれません。 理由のひとつは、そのためのアフターパーツが少ないことでしょう。アクセルペダルNEOは、それを改善するためのアイテムとして開発されました。 一般走行はもちろん、スポーツ走行であっても、より自然体で操作できるように追求したのです。


アクセルペダルNEOを開発するにあたり大切にしたのは、操作フィーリングです。運転するときに必ず触れるアクセルペダルだからこそ、その点において妥協は許されません。 汎用性の高いカバー式の構造も考えましたが、ペダルの位置関係を調整するのが難しかったり、剛性感が不足したり、また取付け方によっては著しく操作フィーリングが悪くなったります。 これらを回避するために、カバーではなくアクセルペダルそのものを製品化することにしたのです。


アクセルペダルNEOは、最初から図面を作成したわけではありません。
まずは、ハンドメイドで試作品をつくり、最も良いと思われる形状になるまで何度も試作と走行評価を繰り返しました。 そうしてアウトラインが出来たところで図面を作成し、次なる試作と評価ステージに進め、素材や表面処理による質感に至るまで追求していったのです。 一般走行時の操作性やスポーツ走行時に多用するヒール&トゥの操作性はもちろん、雨天やシューズの違いによるフィーリングチェックなども実施しています。

左が純正アクセルペダル


ブレーキペダルとアクセルペダルに求められる性能には違いがあります。 ブレーキは、踵が浮いた状態で、つま先で力をこめて踏みますが、アクセルは踵を固定した状態で力加減をしながら踏みます。 ヒール&トゥのときは、つま先(トゥ)でブレーキを踏みながら、踵(ヒール)をアクセルペダルにスライドさせてエンジン回転を合わせます。 いずれの場合もアクセルペダルがグリップしすぎると操作性が悪い方向に働いてしまいます。このようにアクセルペダルには、ある程度の滑りが必要なのです。

手前が純正アクセルペダル


ヒール&トゥが強調されると、サーキット走行などの競技的な発想になりがちで、一般走行では必要ないと思われるかもしれません。しかし実際には、そうではありません。 アクセルペダルNEOが目指したものは、競技仕様ではなく、あくまで自然な操作フィーリングです。

アクセルペダルとブレーキペダルを同時に踏んでしまうことが無いような位置関係を維持しつつ、ヒール&トゥをする際の動きに必要な分だけペダル形状を最適化する。 それは、純正ペダル時との比較写真をご覧いただければご理解いただけることでしょう。純正ペダルからの変更点は、正面から見たときの形状だけではありません。 ペダルの角度や高さなども変更し最適化しています。これにより、一般走行においても、より自然なペダル操作を実現することが可能になるのです。
マニュアルトランスミッション車だけでなく、オートマチックトランスミッション車にも装着可能ですので、ぜひお試しください。

BM/BR型レガシィ(AT車)装着例

■NEOPLOT アクセルペダルNEO for トヨタ86/スバル車

※画像は、トヨタ86/スバルBRZ


※画像は、スバルXV/インプレッサSPORT/インプレッサG4(GT#/GK#)


アクセル操作時の足の動きを追求し、より自然なアクセルワークを実現するために、アクセルペダルの形状とポジションを最適化。
ペダルそのものを交換するタイプとカバータイプの2種類がありますが、いずれも剛性感のあるペダルタッチとスムーズな操作フィーリングが得られます。スポーツ走行時のヒール&トゥのしやすさはもちろん、一般走行時の操作性も向上します。

ラウンドシールの貼りつけイメージ

■カラーアレンジ

カラーアレンジを楽しむためにブラックとレッドのラウンドシールを付属しています。お好みにより、アクセルペダルNEOに貼り付けてお楽しみください。
※品番NP73110には付属しません。

■開発時の情報を「みんカラ+ブログ」に掲載しております。よろしければご覧ください。


品番 NP70111

品番 NP70111 開発時の情報はこちらから


品番 NP71110

品番 NP71110 開発時の情報はこちらから


品番 NP73110

品番 NP73110 開発時の情報はこちらから


メーカー 車種 型式 品番 価格(税抜) 備考
トヨタ 86(ハチロク) ZN6 NP70111 ¥18,000 *1
*3
スバル BRZ ZC6 NP70111 ¥18,000 *1
*3
LEVORG VM4/VMG
WRX STI/S4 VAB/VAG
XV
XVハイブリッド
GT# NP73110 \16,000  
GP# NP70111 \18,000 *1
*3
インプレッサG4 GK# NP73110 \16,000  
GJ# NP70111 \18,000 *1
*3
インプレッサSPORT
インプレッサSPORT
ハイブリッド
GT# NP73110 \16,000  
GP# NP70111 \18,000 *1
*3
インプレッサ GR#/GV#,
GH#/GE#
NP70111 ¥18,000 *1
GD#/GG#,
GC#/GF#
NP71110 ¥17,000 *2
レガシィB4
レガシィ
ツーリングワゴン
アウトバック
BM#/BR# NP70111 ¥18,000 *1
BL#/BP#
(アプライドD-F)
(2000cc NA車の
一部は別品番)
*1
*4
BL5/BP5
D型の2000cc
NA車(2.0I/2.0R)
E型の2.0R
スペックB(DOHC)
のみ適合
NP71110 ¥17,000 *2
*5
BL#/BP#
(アプライドA-C)
*2
BE#/BH# *2
フォレスター
SK# NP73110 ¥16,000  
SJ# NP70111 ¥18,000 *1
*3
SH# *1
SG#, SF# NP71110 ¥17,000 *2
エクシーガ
クロスオーバー7
YA# NP70111 ¥18,000 *1

*1 交換作業には、ピンポンチ(φ4)を使用します。

*2 交換作業には、ピンポンチ(φ5)を使用します。

*3 ペダルストッパーを付属品と交換して装着します。

*4 D型の2000cc NA車(2.0I/2.0R)と、E型の2.0RスペックB(DOHC)は別品番NP71110になります。

*5 D型の2000cc NA車(2.0I/2.0R)と、E型の2.0RスペックB(DOHC)に適合。

NP70111の購入はこちら
NP73110の購入はこちら

パーツレビュー(お客様の声)

■NEOPLOT アクセルペダルNEO for トヨタ車用

※画像は、ヴィッツRS(NCP131)です


※画像は、ハリアー(ASU6#/ZSU6#/AVU65)です


ポジションが低く角度が寝ているために操作フィーリングに違和感がある純正アクセルペダルを、より自然で操作性の良いものにするために開発。設計を一から見直し、形状、角度、ポジションなどを最適化することで、ドライバーの意思を伝達する質感の高い操作フィーリングを実現しました。

一般走行時の操作性向上はもちろん、MT車の場合は、スポーツ走行時に行うヒール&トゥ操作もしやすくなります。
また、ペダルそのものを交換するタイプですので、カバータイプでは得られない剛性感と安全性を確保しています。

ヴィッツRS G's (MT車)装着イメージ

■ストローク量の最適化

一ヴィッツ&アクアのアクセルペダルのストローク量「約40mm」を、「約50mm(25%アップ)」に増やすことで、アクセルペダルの踏み応え感が得られ、エンジン回転数のコントロールがしやすくなります。また、ペダル面形状との相乗効果もあり、アクセルペダルの踏力(操作反力)が分かりやすく、より自然で気持ちの良い操作フィーリングが得られます。

※装着後、アクセルレータセンサとECU間の補正に多少の時間がかかる場合があります。

※ストローク量が変わるのは、ヴィッツ(13#系)、アクア(NHP10)、カローラアクシオ/フィールダー(16#系)、プロボックス/サクシード(16#系)のみとなります。

品番 NP71121

アクア(NHP10/CVT車)装着イメージ

品番 NP71121

C-HR(ZYX10)装着イメージ

品番 NP72121C

プリウス/プリウスPHV(ZVW5#)装着イメージ

ハリアー(ASU6#/ZSU6#/AVU65)装着イメージ

ハリアー(ASU6#/ZSU6#/AVU65)装着イメージ

品番 NP72120

ヴェルファイア(AGH30W)装着イメージ

ヴェルファイア(ANH20W)装着イメージ

ヴォクシー(ZRR80W)装着イメージ

品番 NP73120

ハイエース-2013/11(TRH200V)装着イメージ

品番 NP73121B

ハイエース-2013/12(KDH2##)装着イメージ

■開発時の情報を「みんカラ+ブログ」に掲載しております。よろしければご覧ください。


メーカー 車種 型式 品番 価格(税抜) 備考
トヨタ C-HR ZYX10/NGX50 NP71121 ¥18,000 *1
アルファード
ヴェルファイア
ANH2#/ATH20/
GGH2#/AGH3#/
AYH30/GGH3#
NP72120 ¥18,000 *1
アクア NHP10 NP71121 ¥18,000 *1
ヴィッツ NCP131/KSP130/
NSP130/135
ノア
ヴォクシー
エスクァイア
ZRR8#/ZWR80
ZRR7#
NP72120 ¥18,000 *1
カローラアクシオ
カローラフィールダー
NKE165/NRE16#/
NZE16#/ZRE162
NP71121 ¥18,000 *1
サクシード/
プロトボックス
NCP16#//NSP160
ハイエース
レジアスエース
TRH2##/KDH2##
-2013/11
NP73120 ¥18,500 *1
TRH2##/KDH2##/
GDH2## 2013/12-
NP73121B ¥18,500 *1
ハイラックス GUN125 NP71121 ¥18,000 *1
ハリアー ASU6#/ZSU6#/
AVU65
NP72121C ¥18,000 *1
プリウス
プリウスα
プリウスPHV
ZVW5#
ZVW52
NP72121C ¥18,000 *1
ZVW30-2014/4
ZVW40-2014/4
ZVW35-2014/4
NP71121 ¥18,000 *1
*2

*1 交換作業には、ピンポンチ(φ4)を使用します。

*2 2014年5月以降は未確認です。

※ 品番NP70120とNP71120は、品番NP71121に移行しました。

NP72120の購入はこちら
NP73120の購入はこちら
NP71121の購入はこちら
NP72121Cの購入はこちら
NP73121Bの購入はこちら
パーツレビュー(お客様の声)

■NEOPLOT アクセルペダルNEO for スズキ車用

※画像は、スズキ スイフトスポーツ(ZC33S)MT車

※画像は、スズキ スイフトスポーツ(ZC33S)MT車

※画像は、スズキ ジムニー(JB64W)AT車

※画像は、スズキ ジムニー(JB64W)MT車


ポジションが若干遠いために操作フィーリングに違和感がある純正アクセルペダルを、より自然で操作性の良いものにするため開発。接触面形状、角度、ポジションなどを最適化することで、ドライバーの意思を伝達する質感の高い操作フィーリングを実現しました。

一般走行時の操作性向上はもちろん、MT車の場合は、スポーツ走行時に行うヒール&トゥ操作もしやすくなります。


純正アクセルペダルは、アクセルレーターからペダルまで一体式の構造となっているため、このアクセルペダルNEOはカバータイプとなりますが、機能的であることはもちろんのこと、脱落することのない確実な固定ができる安全設計としています。

■ NEOPLOT アクセルセンサーブラケット


ペダル面の角度が悪いために操作フィーリングに違和感があるアルト/アルトターボRS/アルトワークス(型式:HA36S/HA36V)のアクセルペダルを、より自然で操作性の良いものにするために開発。NEOPLOTアクセルセンサーブラケットに交換することで、アクセルペダルの角度が「5.5度」起き、アクセルペダル下端で「10mm」奥にいきます。これによりペダル面が自然な角度になり、窮屈感の解消とともに操作性が向上します。
※素材:スチール/表面処理:カチオン塗装


アルト/アルトターボRS/アルトワークス(型式:HA36S/HA36V)の場合は、NEOPLOTアクセルセンサーブラケットとアクセルペダルNEOを、同時装着することでペダル接触面と角度を最適化することができ、ドライバーの意思を伝達する質感の高い操作フィーリングを実現します。

■ 純正ブラケットとアクセルセンサーブラケットのポジション比較イメージ(360度回転)

アクセルペダルのイラストをドラッグしてマウスを動かすと回転します。

品番 NP71171

スイフトスポーツ(ZC33S)装着イメージ

品番 NP91170

アルト(HA36S)装着イメージ

品番 NP71171

アルト(HA36S)装着イメージ

品番 NP72170

ジムニー(JB64W)装着イメージ

■開発時の情報を「みんカラ+ブログ」に掲載しております。よろしければご覧ください。


NEOPLOT アクセルペダルNEO

メーカー 車種 型式 品番 価格(税抜) 備考
スズキ アルトワークス
アルトターボRS
アルト
HA36S
HA36V
NP71171 ¥17,000 *1
ジムニー
ジムニーシエラ
JB64W
JB74W
NP72170 ¥16,000  
スイフト
スイフトスポーツ
ZC#3S
ZD#3S
NP71171 ¥17,000  

*1 アクセルセンサーブラケット(品番NP91170)と同時装着を推奨します。

NEOPLOT アクセルセンサーブラケット

メーカー 車種 型式 品番 価格(税抜) 備考
スズキ アルトワークス
アルトターボRS
アルト
HA36S
HA36V
NP91170 ¥3,600 *2

*2 アクセルペダルNEO(品番NP71171)と同時装着を推奨します。

NP71170の購入はこちら
NP72170の購入はこちら

パーツレビュー(お客様の声)