YAMAHA XSR900


XSR900に新しいエンジンガードの提案


クランクケース、ラジエーター、ウォーターハウジング、そして意匠部分のアルミフレーム。この4箇所を確実に守り、保護するエンジンガードとしての機能。更に、メインフレームを繋ぐように設置されるプロテクション・エンジンガードは車体剛性を上げる機能を持ちます。


XSR900の硬く引き締められたサスペンション特性に車体剛性を持たせることで、硬さの中の「柔らかさ」に気付いていただけるはず。性能の底上げによって新たな愉しみを生み出します。


プロフェストが想い描くXSR900用エンジンガードは、ただ守る機能だけのガードパーツではなく、所有欲を満たす造形美をも併せ持ち、適度な剛性によって車体全体のバランスをアップグレードします。

転倒時に破損しやすく、ダメージを受けると走行不可となってしまう恐れのあるクランクケースを守ります。転倒ダメージに耐える強度はもちろん、ダメージの大きな転倒時はクラッシャブルゾーンとして曲がることでクランクケースを守ります。左側では特にウォーターハウジングやウォーターパイプを確実に守ります。

車体を守る「ガード」機能はもちろんですが、車体の剛性を上げる補強効果も得られるのがXSR900用モデルの特徴の一つです。ダウンチューブ状に設置されたエンジンガードは直進安定性の向上や、サスペンションが持つ本来の性能を引き出すことによる乗り心地の向上等、ワンランク上の車体特性を実現することができます。

必要最低限のクラッシャブルゾーンと理想的な取り回しで省スペースなエンジンガードを実現。省スペースながらも転倒時の保護性能を確保し、スタイリングを損なうことないレイアウトにしました。XSR900のスリムなスタイリングを阻害しません。

物理的に守ることだけがエンジンガードの役割ではありません。乗車時にもガードの位置(車幅)を目視で確認できるので「見える安心感」を演出。「意識の無いところ」でエンジンガードをぶつける事もなくなります。

長身のライダーはエンジンガードを装着することで膝やつま先がガードに接触することがありました。これでは「もしもの瞬間」にエンジンガードによって怪我をする恐れがあります。どのような体格のライダーが乗ってもこの様な接触が無いように設計されています。

ガード機能として単純にパイプを配するだけではなく、衝撃に対する耐力とその衝撃吸収にも配慮した設計。ガード本体と車体パーツとのクリアランスを適度に確保することで、転倒時の二次被害を防いでいます。

第1接地ポイント 赤丸部

転倒時、このポイントが初期の損害、クランクケース、ウォーターハウジング(左側)を守ります。

第2接地ポイント 青丸部

衝撃の大きい転倒の場合はこのポイントがラジエーター、アルミフレームを守ります。

転倒初期、接地角イメージ

XSR900 プロテクション・エンジンガード

バンプ

ガンメタル

メーカー 車種 年式 品名 カラー 材質 品番 価格(税抜)
YAMAHA XSR900 16-18 プロテクション・
エンジンガード
バンプ スチール PF110BS-349 ¥52,800
ガンメタル スチール PF110GM-349 ¥49,800

※HEPCO&BECKER社製およびSW-MOTECH社製センタースタンドとの同時装着は不可。

リペアガード

メーカー 車種 年式 品名 カラー 右/左 品番 価格(税抜)
YAMAHA XSR900 16-18 リペアガード バンプ PF11RBS-349 ¥29,500
PF11LBS-349 ¥29,500
ガンメタル PF11RGM-349 ¥27,500
PF11LGM-349 ¥27,500